改名のルール|姓名判断で幸せになれる名前を赤ちゃんに贈りましょう
ハート型の出がらし

改名のルール

割れたコーヒーカップ

姓名判断による占いは、芸能人・著名人の改名によく利用されています。
改名する事で苗字・名前の総画数が変わり、それに応じて占いの結果も変えられるからですね。

ところで、芸名や通称であれば改名する事は容易ですが、一般人が改名する事はかなり難しかったりします。
占いの結果に基づいて改名、と素直に言ってしまうと断られそうですから、そこは何か他に理由付けをしましょう。

苗字と名前のうち、当然苗字の方は改名が相当難しいです。自分一人だけ苗字を変える訳にもいきませんから、家族全員を巻き込む事になります。改名するのであればやはり名前のみです。
日本の法律では、以下の事由に該当すれば、家庭裁判所の裁判官が「改名OK」と判断してくれます。

1:営業上必要な世襲による改名で、戸籍上の本名を変更する必要がある場合
2:神官、僧侶になる、または逆に還俗する場合
3:難解または難読な名前で、改名したい場合
4:珍奇な名前でいじめや差別を助長しかねず、改名が必要な場合
5:親族や近隣に同姓同名がいて混乱をきたす場合
6:同姓同名の犯罪者、被疑者がいて、差別などの風評被害を被っている場合
7:帰化して日本風の名に改める場合
8:本人の外見と名前の性別が食い違って不便な場合
9:永年使用していた通称を戸籍上で本名にしたい場合
10:出生届の誤りを訂正する場合
11:戸籍名の使用が精神に悪影響を与えると認められる場合

以上のように、「占いに基づく改名」はなかなか難しいものです。
芸名や通称のみの改名で済むのであれば、そちらを選んだ方が良さそうですね。